Event is FINISHED

Unreal Engine Vol.002 Virtual Production for live events

Description

(See below for the English version)


■ NEWS
Patreonでサブスクリプションプランを開始しました!
TDSW EXCELLENT PLANは月額$35でライブ配信ワークショップに全て参加することができるプランです。
本ワークショップを含め毎月2回程度オンラインイベントを開催していきます。

今後も継続して受講される方はかなりお得になりますのでぜひプランの参加をご検討ください!
https://www.patreon.com/tdsw


英語字幕プロジェクトを開始しました!

https://www.patreon.com/posts/english-42364257

-------------------------------------------------------------------------------------
Tokyo Developers Study Weekend
Unreal Engine Vol.002 Virtual Production for live events

- UE4で作る次世代ライブビジュアルへの考察 -








※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
※※※※※
当イベントはオンラインで実施し、配信はzoomを使用します。
チケットご購入時にPeatixからのメールでZoomへの招待リンクをお送りいたします。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


■ 日時 / Date
2020/10/11(日)15:00-18:00 ( Room Open 14:30 )
※ 5分前までの入室をお勧めします。
※ 配信ルームは14:30からオープンします。各自でオーディオチェック等をお済ませください。

■ 使用言語 / Language
日本語 / Japanese

■ レベル / Level
Beginner

UE触ったことない人でも大丈夫です。
前半はバーチャルプロダクションの話をしますので、UE4自体に興味ない方、映像制作やプログラミングがわからない方でもお受け頂けます。後半はUE4の基本的な解説をして行きますが、レイアウトウィンドウの名前がわかると講義をより受けやすいです。前半だけ聞いて後半はながら聞きなどもありだと思います。

■ チケット / Ticket
・General (一般) live streaming & recording 2,000円 / 枚
・Student (学生) live streaming & recording 1,000円 / 枚

■ 受講方法 / How to join
チケットご購入時にPeatixからのメールでZoomへの招待リンクをお送りいたします。
開催の前日~当日2時間前までにPeatixからのメールでサンプルプログラムを配布いたします。
Peatixからのメールの受信設定をご確認ください。

■ スケジュール / Timetable
14:30-15:00 Zoom room open
15:00-15:10 Introduction
15:10-16:00 Workshop
16:00-16:10 休憩 / Break
16:10-17:00 Workshop
16:00-17:10 休憩 / Break
17:10-18:00 Workshop
18:00-18:10 TDSWからのお知らせ
18:10-18:20 Close

※スケジュールは目安です。前後する可能性があります。

■ 講義内容 / Contents
バーチャルプロダクションとは、映画業界でデジタル技術(クロマキーやセンサー)を使用し行われる制作形式です。
特に近年では機材の価格低下に伴い小規模な制作でも使われるようになってきました。

コロナ禍になってからはライブ界隈でも、UE4を使った大掛かりなフェスティバルやライブのバーチャルプロダクションが行われるようになってきました。その背景には、Epic Games(UE4の開発元)がILMxLAB、NVIDIAと共同開発している「リアルタイム レイトレーシング」の技術や、主にリアルタイムレイトレーシングを可能にすることを目的に作成されたグラフィックカード「NVIDIA RTX」シリーズの登場により、高品質なリアルタイムレンダリングが小規模なプロダクションや個人でも可能になったことに起因しています。
https://www.unrealengine.com/ja/blog/epic-games-demonstrates-real-time-ray-tracing-in-unreal-engine-4-with-ilmxlab-and-nvidia

今回のワークショップでは前半にバーチャルプロダクションの技術やリアルタイムレイトレーシングを使用して7月から「Moment Tokyo x REZ」で行ってきた『EXPERIMENTAL VIRTUAL LIVE』の話をします。
クロマキーを使った人物合成やセンサー・カメラなどの機材構成、それらを取り込んだUE4、TouchDesignerでの制御、自身がVJであることから思うUE4のライブビジュアルで使いやすい点、踏んできた数々の事例の話などを話していく予定です。

後半は、これからUE4を始める方や初級者に向けて、バーチャルプロダクションをUE4で実践する際の基礎となるLevel機能の使い方と、少人数でのライブ制作の際に必要となるファイル移行の解説を行います。UE4の学習についても、UE4のチュートリアル本やONLINE LERANINGのコースなどアドバイス出来ると思います。

また『VJ概論』を企画している身からVJの方々においては、Epic GamesがBlenderに大型資金提供を始めたことで、これらソフト間の連携はますます取りやすくなります。UE4とBlenderは共に無料で使用できることから(UE4は基本無料ですがゲーム制作時にはロイヤリティーがあります。)、これからレンダリング時間を知らない後輩たちの登場が予見されます。
今まさに未来に対して備える必要があると思います!

このワークショップを通して多くの方にリアルタイムレンダリングの可能性とライブビジュアルの面白さを感じて頂けたら幸いです。


■ 講師 / Instructor
NOBUAKI KAZOE(@nobuaki_kazoe
VJ REZ / VJ / Visual Artist / 1989年生まれ。
2010年よりVJとして活動をスタートし、2013年にミヤガワ タクヤと共に”REZ”を結成。東京を拠点にVJとして活動している。
国内最大のクラブ「ageHa」で2012年の『ageHa 10th ANNIVERSARY WONDERLAND』にVJとして出演以降、数多くのパーティーにVJとして携わり、VJのみならず映像と照明をリンクさせた演出システム構成や映像ディレクションを手掛けている。
また、ULTRA JAPAN、EDC JAPAN、SUMMER SONIC、SONIC MANIA、electroXなど多くのミュージックフェスティバルにVJ REZで起用される。2016年からVJシステム『DEVISION』をTouchDesignerで構成し、TouchDesignerの開発元であるDerivative社で特集が組まれる。2019年1月からはTOKYO VJシーンを再考すべく『VJ概論』プロジェクトをTokyo Developerʼs Study Weekend(TDSW)と共に企画。また次世代のエンターテック人材を育成することを目指しTOWER RECORDSが進めている「TOWER ACEDEMY」では『TouchDesignerを使ったVJ講座/プリレンダVJ編』にて講師を務める。
2020年、「DOMMUNE」で行われた『FISHMANS AR LIVE「INVISIBILITY」』にVJとして参加したことでXRとライブビジュアルの可能性を予感する。現在はMoment Tokyoと「Moment Tokyo x REZ」として次世代ライブパフォーマンスの可能性を探究する『EXPERIMENTAL VIRTUAL LIVE』を企画。
「第23回文化庁メディア芸術祭受賞作品展」開催にあわせて実施される連動企画『Next World ExhiVision × 23rd JAPAN MEDIA ARTS FESTIVAL』に、Moment Tokyo x REZから『EXPERIMENTAL VIRTUAL LIVE』で参加。

■ 事前準備・推奨環境

OS:Windows / Software: UE4(version 4.25.3)
MacでのUE4は動作が不安定な部分がありました。ただ、聞いて頂くだけでもそういう機能あるんだ的な学びがあると思います。
・マウス(3ボタン推奨です。操作が楽になります)
・サブモニターがあると、メインは自分の操作画面にできるので快適です。

■ Note
・Zoomのウェビナーモードを使っての開催になります。
・ワークショップはレコーディングを行い、参加者には原則アーカイブ公開を行います。無料イベントの場合はTDSW YouTube Channelに後ほどアップロードされるので、復習にお役立てください。
・途中退室した場合の返金等の対応はございません。
・ワークショップの終了時間がコンテンツの進行程度によって短縮または延長する可能性があります。
・チャット画面のスクリーンショット等、参加の様子をSNS等で発信する場合がございますので予めご了承ください。

------------------------------------------------------------------------------------------------------

■ About TDSW
TDSW | Tokyo Developers Study Weekend はデジタルクリエイティブに関する技術や知見シェア、クリエイター同士の交流を目的としたワークショップ・イベントの主催、コミュニティ運営を行う組織です。2018年4月に活動を開始し、これまでに70回を超えるイベント・通算4000人を超える動員を記録しました。TouchDesignerをはじめとするビジュアルプログラミングツールにフォーカスした、ものづくりを愛する人のワクワクするアフター6と週末をお届けします。
Web: https://tdsw.jp/
Follow TDSW on Peatix

▽過去のアーカイブが見放題!サブスクプランぜひチェックしてね
Support TDSW on Patreon


We have our Patreon. You can watch all of our live streaming workshops with the TDSW Excellent plan for $35/month. Please give it some consideration if you are going to continue taking our workshops.

We just started our English subtitles challenge. If you think that we have been doing something meaningful for the creative community, please consider contributing or sharing!


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

This event will be held online via the Zoom webinar.

Find "Watch Stream page" in order confirmation email via Eventbrite for the Zoom link.

The recording of this event is going to be shared with ticket holders within 5 days after the event.

Don't hesitate to let us know if you register for this event and don't receive any emails from us after the 5 days.
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


We will welcome Nobuaki Kazoe from VJ REZ based in Tokyo!

■ Date
11th October 2020 15:00-18:00 JST
Check the event time in your time zone
https://www.timeanddate.com/worldclock/fixedtime.html?msg=Unreal+Engine+Vol.002+Virtual+Production+for+live+events&iso=20201011T15&p1=248&ah=3

・We recommend you to join the webinar room at least 5 minutes prior to the workshop.
・We will open the room 30 minutes prior to the event. Please complete testing your computer or device audio before the workshop.


■ Language

日本語 / Japanese

■ Level
Beginner

■ Registration fees

You will get access to the live stream and recording of the event.
・General live streaming & recording - 2,000 JPY + Service fee
・Student live streaming & recording - 1,000 JPY + Service fee


■ How to join the Zoom webinar
・Find "Watch Stream page" in order confirmation email via Peatix for the Zoom link.
・You will receive sample files via an Eventbrite email 2 hours prior to the event that day.
・Please make sure you can receive an email from peatix.com.


■ Timetable (subject to change) time in JST

14:30 - 15:00 Open
15:00 - 15:10 Introduction
15:10 - 16:00 Workshop
16:00 - 16:10 Break
16:10 - 17:00 Workshop
17:00 - 17:10 Break
17:10 - 18:00 Workshop
18:00 - 18:10 Update from TDSW
18:10 - 18:20 Close


■ Contents (subject to change)

Mixing live footage and computer graphics at once, virtual production helps filmmakers to get real-time feedback and to make decisions on set in the film industry. It is getting popular even for small budget production as the costs of equipment have been reduced.

After COVID-19, there have been large-scale festivals with live virtual productions using UE4.
Technologies such as real-time ray tracing co-developed by Epic Games (the developer of UE4), ILMxLAB, and NVIDIA and an NVIDIA RTX graphic card created mainly for the purpose of enabling real-time ray tracing to enable small productions and individuals to work with high-quality real-time rendering.
https://www.unrealengine.com/en/blog/epic-games-demonstrates-real-time-ray-tracing-in-unreal-engine-4-with-ilmxlab-and-nvidia

For the first half of this workshop, I will talk about "EXPERIMENTAL VIRTUAL LIVE" which has been held at "Moment Tokyo x REZ" since July using virtual production and real-time ray tracing. For example, chroma key, sensors, and cameras, workflow for those with UE4, control with TouchDesigner, pros on UE4's live visuals from the viewpoint of a VJ, and many challenges I have experienced.

For the second half, I will explain how to work with levels, which is the basis for virtual production with UE4, and the file management required for live production among a small team for UE4 beginners. I also would share some advice with attendees about UE4 books and online learning resources.

I, as a person who organizes "VJ Gairon" (Introduction to VJ) would like to tell VJs the following. Epic Games has started to provide large-scale funding to Blender, which would make it easier to work with this software. Since both UE4 and Blender can be used for free (UE4 is Royalty-free for the First $1 Million in Revenue), we possibly will see that new generation who do not know the rendering time in the future. I think we need to prepare for the future right now!

I hope that many people will experience the possibilities of real-time rendering and the fun of live visuals through this workshop.


■ Instructor

NOBUAKI KAZOE(@nobuaki_kazoe

VJ REZ / VJ / Visual Artist / Born in 1989.
He is a Tokyo based VJ, and started VJing in 2010, and later formed "REZ" with Takuya Miyagawa in 2013.
He has been involved in many parties as a VJ, and has worked on not only VJing but also live production and video direction with videos and lights since he started his career as a VJ at "ageHa 10th ANNIVERSARY WONDERLAND" in 2012 at "ageHa", the largest night club in Japan.
In addition, VJ REZ has been working for many music festivals such as ULTRA JAPAN, EDC JAPAN, SUMMER SONIC, SONIC MANIA, and electroX. He has developed "DEVISION”, his own VJ system with TouchDesigner since 2016 and it was featured on a website by Derivative, the developer of TouchDesigner. He has organized the "VJ Gairon" project with Tokyo Developer's Study Weekend (TDSW) to reconsider the TOKYO VJ scene since January 2019. He lectured for "VJ course using Touch Designer / pre-render VJ edition" in "TOWER ACADEMY" promoted by TOWER RECORDS with the aim to develop next-generation entertainment tech human resources.
He foresaw the possibilities of XR and live visuals when he performed as a VJ for "FISHMANS AR LIVE ‘INVISIBILITY‘ " held at "DOMMUNE" in 2020.

Currently, he has been organizing "EXPERIMENTAL VIRTUAL LIVE" to explore the possibilities of next-generation live performance as "Moment Tokyo x REZ" with Moment Tokyo.
He will participate in "Next World ExhiVision x 23rd JAPAN MEDIA ARTS FESTIVAL", which will be held in conjunction with the "23rd Japan Media Arts Festival Award Winning Works Exhibition", with "EXPERIMENTAL VIRTUAL LIVE" from Moment Tokyo x REZ.


■ Requirements
・A recent computer with UE4.25.3 installed.
・A 2-button mouse with scroll wheel), or 3 button mouse.
・Please consult the System Requirements to make sure your computer is capable of running TouchDesigner and Houdini.


■ Notes
・No refund even if you leave the event earlier.
・The closing times may vary depending on how quickly we make progress.
・Photos, videos, and/or screenshots will be taken at this event. We will possibly share them via our social media accounts.


If you have any questions please contact us.

■ Organizer
TDSW | Tokyo Developers Study Weekend is an organization that runs workshops/events aiming to share techniques and knowledge about digital creativity and networking among creators and manages a community with creative people. We have organized more than 50 events and had more than 2000 attendees in total since April 2018. We deliver exciting after-hours and weekends to creative people focusing on visual programming tools such as TouchDesigner.

https://tdsw.jp/

Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#762478 2020-10-04 18:30:05
More updates
Sun Oct 11, 2020
3:00 PM - 6:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
一般 / General SOLD OUT ¥2,000
学生割引 / Student Discount SOLD OUT ¥1,000
Organizer
Tokyo Developers Study Weekend
1,149 Followers